2014年10月27日

久々に更新する、とりとめのない話

一週間ほどブログの更新をお休みしていました。
先週の水曜日に自宅と事務所の移転があり、未だバタバタとしながら仕事をしていますが、新しい環境は結構快適です。

私が生まれたのは荒川区の東尾久という場所で、そこから北区の堀船、荒川区の南千住、台東区の入谷、足立区の小菅と梅田、新宿区の若松町、荒川区の町屋で2箇所という、結構何度も引越を繰り返してきて、今回ついに生まれ故郷に戻ってきました(笑)

どんなにインターネットが発展して友達が増えたとしても、ローカルな人の繋がりはなにものにも代えがたいものだなと実感しています。

そんなこんなで、このところ町屋朝カフェの会の早い時間帯は、荒川区民がほとんどで、超地元トークを繰り広げています。
もちろん、外から人が来れば話題も変わっていくのですが、そこに住んでいる人にしかわからないディープな話というのはとても面白いもので、そうした共通項があることで人は安心し、社会が一体になっていくのかもしれません。

とりとめのないことを書きながら、SNSが発展した背景には、ローカルななかで安心感を得られなくなってきていて、その反面でインターネットを介した世界に共通項や安心感を求めているのかもしれないと思ったりします。

私個人のこだわりとしては、やはりインターネットがなくなった先でも残る人間関係を最も大切にしたいなと思っています。
そういいつつ、このブログを書いているのがまた不思議なものですが(苦笑)

posted by 鈴木拓 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月15日

スマホと私、どっちが大事なの?

先日聞いた話。

ラーメン屋さんでご飯を食べていると、二人の若い男性が入ってきました。
二人は注文をした後、一言も会話することなく、互いにひたすらスマホを弄っていて、食べ終わってからもしばらくスマホを操作して、二人の間には一言の会話もなく、やがて出て行ったとのことでした。
注文するときにはお店の方と言葉を交わしているので、特に耳などが不自由なわけではないようです。
そのお話しをしてくださった方が、これは問題だと感じたとのことでしたが、確かにコミュニケーション不全のように感じます。

似たような話ですが、みんなで集まっている時、会話に入らずにひたすらスマホを弄っている人がいることがあります。
その人にとっては、みんなの話よりも、スマホの向こう側の方が大切なのだと思います。

私は、出来る限り、今、目の前にいる人を大切にすべきではないかと考えています。
もちろん、場合によってスマホなどを見ることはあるとしても、優先順位は目の前にいる人です。

何度か書いていますが、ソーシャリアルコミュニティにおいて、最優先すべきものはリアルな人間関係だと考えています。
インターネットがなくなったときにも残る人間関係こそ、もっとも大切にすべきものではないでしょうか?

ある人が、お付き合いしている彼女に投げつけられた言葉。
「スマホと私、どっちが大事なの?」
一緒にいるときに、彼女の会話そっちのけで、スマホを弄っていたことが原因でした。

人と対面しているときは、もっと相手に関心をもって、言葉だけでなく色々なものを感じようとすること、それがコミュニケーションの第一歩ではないでしょうか。

posted by 鈴木拓 at 16:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月06日

街の喫茶店に入って人の繋がりを楽しむ

DSCF0573.JPG

今日は、荒川区のハッピーモール熊野前商店街にある甘味喫茶・高橋屋に入って、ちょっと遅目のランチを頂きました。
甘味処ということで、かき氷やあんみつといったメニューがあるのですが、それ以外にラーメンやお稲荷さんなどいろいろな食物があるので、ランチどきでもしっかりとご飯を食べることができます。

私たちが食べている間、地元の常連さんと思われるお客様が幾人か出入りして、お店の方と歓談を楽しみながらご飯を食べて行きました。
地域の方の拠り所になっているのだと思います。

実はこのお店、今度私達が引っ越しをする先から徒歩数分のところにあります。
これからもお世話になっていくお店になりそうです。

今日は引越し準備が一段落したということもあり、コーヒーではなく、ビールを一杯だけ頂きました。
お会計の時に、近くに住むことをお話しして、また来ますと挨拶して店を後にしました。

今日はまだちょっとした会話でしたが、人の繋がりが始まる楽しさを感じました。
はじめて入るお店で、一言でも言葉を交わすことができると、とても嬉しいですね。

posted by 鈴木拓 at 23:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。