2014年10月12日

地域の人たちが交流する場が大切

今日は、荒川区の東京女子医大第二病院がある女子医大通り宮前商店街のイベントに参加しました。
今年で3年目になるイベントで、子どもも大人も地域の人たちが気軽に遊びに来て交流できるイベントです。
地域のお店や会社、町会などの方々が協力して、商店街は歩くのも大変なほどの賑わいでした。

今、多くの商店街で世代交代が進まずに活気が失われつつある中で、こうして地域の方々が協力して、若い人も巻き込んでイベントができる場所というのは、長い目で見て活力を維持して行けるように思います。

こうした動きが、ソーシャリアルコミュニティへと発展して行けば、元気な商店街同士が繋がりをもって情報を共有し、さらに互いを刺激しあって元気になるのではないでしょうか。
ソーシャリアルコミュニティを実現するために、ローカルな場での繋がりというのが何より大切だと考えています。
そして、その関係者同士が横につながって連携していくことで、みんなが幸せを感じる社会を築いていけると信じています。

スポンサードリンク



posted by 鈴木拓 at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | ソーシャリアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/407006522
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。