2014年09月15日

毎日のように会う人とのSNS交流は必要か

疎遠になっている人だったり、なかなか会えない人との繋がりをもっておくためにSNSは有効なツールだと思います。
離れている人が何をしているのか、どんなことを考えているのか、何かしらの情報をきっかけに関係が近くなることもあります。

一方、毎日直接会って話しをしている人と、会っていない時間もSNSで会話する必要があるのかと考えてみると、私はあまり積極的でなくてもよい気がします。

例えば、毎日顔を合わせて会話をしている夫婦であれば、わざわざSNSでやりとりするよりも直接話をした方が早いですよね。
しかし、単身赴任などで離れたところで暮らさなくてはいけいないのだとすると、SNSを通じた交流も有効かもしれません。

これはあくまで個人的な価値観です。
寝ても覚めても一緒にいたい、離れている時間もつながっていることを感じたいということもあると思います。
ということで、ひとつの考え方としてご参考になれば幸いです。

posted by 鈴木拓 at 00:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | ソーシャリアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。