2014年09月08日

朝も昼も夜も朝カフェの会

朝カフェの会の通常の集まりは、午前中にスタートするという暗黙の了解があります。
しかし、実は午後にもたくさんの集まりがあり、あちこちで朝カフェの会の卓上旗が見られます。

朝カフェの会は、だれもが楽しく参加できる場で、それは必ずしも朝でなくてもいいという柔軟なスタンスをもっています。
また、普段の朝カフェの会は、事前にテーマを決めないということになっていますが、朝カフェの会の部活動といった名目で、たとえば読書の会、落語の会、ランニングの会、その他いろいろな集まりが派生しています。
現在、朝カフェの会には、数十の部活動があります。
これらは自然発生的にできてきたもので、人と人が出会うことで新たな発展が見られた結果だと思います。

朝は時間が難しいという方は、そちらに参加してみても面白いのではないでしょうか。

posted by 鈴木拓 at 15:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 朝カフェの会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ルールを作らないことで秩序を保つ

SNSを利用する場合の基本的な考え方は「自己責任」ということです。
しかしこれはリアルな人間関係でも同じことです。
誰かと出会い、交流を図ることで発生した様々な出来事に対して自分で責任を持つというのは、一人の人間として当然のことだろうと思います。

朝カフェの会では、それを「人の嫌がることをしない」という一言に凝縮し、それ以外は全て参加する方の判断にまかせています。

これは、朝カフェの会が、主催者も参加者もフラットな関係性であるということにも繋がります。
その場をどのように活用するかは一人ひとりが考えることで、そこに参加することで起こったことについて、主催者に責任を求めないということでもあります。

ただし、これは何でもやっていいということとは違います。
人として、良識ある判断を互いにすべきということです。

ソーシャリアルコミュニティは、こうした考え方を基本とするものだと思っています。
そこに参加する全ての人が、互いに「考えること」が大切で、それが秩序を維持することになります。

ルールのない、ゆる〜い集まりというのは、実はとてもレベルの高いことへの挑戦ではないかと感じるこの頃です。

posted by 鈴木拓 at 00:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | ソーシャリアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。