2014年09月05日

セミナー「ソーシャリアルコミュニティの作り方」を開催します

9月24日に、ソーシャリアルセミナー第一弾として、『ソーシャリアルコミュニティの作り方 〜朝カフェの会の事例より〜』を開催することになりました。

SNSとリアルをどのように考えて行ったら、心地よいコミュニティを作って行くことができるのか、基本的な考え方と、その実践事例などを紹介します。

今回は総論のような形になりますが、第二段以降では次のようなメニューを考えています。
・ソーシャリアルコミュニティにおけるSNSの活用法
・ソーシャリアルコミュニティにおけるコミュニケーション術
・ソーシャリアルコミュニティで地域活性化

お時間ございましたらぜひ足をお運び下さい。

開催概要は下記の通りです。

申込ページ(こくちーず)

【講師】鈴木拓(朝カフェの会事務局)
【日時】2014年9月24日(水)16:45〜18:15(16:30開場)
【会場】日暮里サニーホール 第一会議室
【定員】20名
【参加費】3,000円(税込)当日払  ※参加費の10%は朝カフェの会に寄付します
【二次会】セミナー後、近所のカフェで二次会をしたいと思います(コーヒー代・飲食代実費)
【主催】東京ビジネス支援センター 鈴木拓  TEL.03-3819-3516 info@thoreau.co.jp

posted by 鈴木拓 at 21:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まったりしている人のことをまったりんじん(まったりん人)と呼んでみる

「ソーシャリアル」(socialreal)という言葉は、ソーシャル(SNS)とリアルを掛けあわせた造語で、私が勝手に言い始めたものです。未だ初めて聞くという方が多いのですが、この言葉の概念が普及することで、SNSの存在ももっと意味のあるものにあると考えています。

という真面目な話は置いておいて、朝カフェの会は、ゆる〜く、まったりした場所です。
以前から、朝カフェの会に参加している人のことを総称する表現はないかなとか、そんなことも話していましたが、カフェラー?カフェニスト?とか、なかなかしっくりくる言葉が見つかりませんでした。

ということで、ひとつの思いつき。
まったり過ごす人のことを、「まったりんじん」と呼ぼうと。
朝カフェの会の参加者ということではありませんが、かつて流行したジッタリン・ジンの曲を久々に思い返していたら思いつきました。

という下らない話題ですみません。

朝カフェの会に参加する人みんながまったりしているわけではなく、朝から参加して、そこでしっかりと学び、そして時間きっちり出勤している方もたくさんいます。
まったりんじん、まずは私自身のことですね。

流行語にならないかなぁ……。

posted by 鈴木拓 at 15:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オンラインでリアルな人間を想像すること

インターネットを通じたコミュニケーションが活発になると、一度も会ったことがない人同士がオンラインで交流する機会が増えてきます。
ごく一部の人かもしれませんが、中には突然相手を罵倒したり、あるいは個人批判を拡散したりする人がいます。
オンラインだけでなく、リアルな人間関係の中でもそうしたトラブルは発生しますが、顔が見えない、匿名性があるといった特徴を悪用する方もいるかもしれません。

そうした中、SNSを活用するうえで、リアルな関係以上に意識しなければならないのが、生身の人間と向かい合っているという意識です。
本当に対面している人に対応しているのと同じ、あるいはそれ以上に、相手のことを想像する必要があります。
なぜなら、リアルな対面よりも少ない情報で相手のことを想像しなくてはいけないからです。

SNSを活用すればするほど、リアルな人間関係の大切さに気づくという方がたくさんいます。
端末の向こう側に、自分と同じように人間がいるということを想像しながらSNSを利用することで、オンラインでもアナログでも良好な人間関係を構築することができるのではないでしょうか。

posted by 鈴木拓 at 11:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | ソーシャリアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。